テスコム ハンディマッサージャー TMS100

テスコム電機は、「ハンディマッサージャーTMS100」を5月28日に発売します。

たたく動作をイメージした動きでコリをほぐすという「ポイントアタッチメント」と、さする動きをイメージしてだるさやむくみをやわらげるという「ワイドアタッチメント」が付属。2つのアタッチメントを付け替えることで、肩/背中/腕/腰/ふともも/ふくらはぎ/足裏と、幅広い部位をケアできるのが特徴。

マッサージのスピードは、おそい/はやいの2段階で調節が可能。このほか、開始から約15分で自動停止するタイマー機能を装備するのでつけっぱなしで寝入ってしまうなどを防げます。

本体サイズは77(幅)×380(高さ)×125(奥行)mmで、重量が600g。コードの長さは1.8m。ボディカラーはホワイト。

なぜか価格がわかりませんが、手頃な家電製品、なかでも美容家電や調理家電を得意とするテスコムだけに、リーズナブルなことは間違いないでしょう。

テスコムはすでにフットマッサージャーも発売していて、手軽なマッサージ機の実績も十分です。

アマゾンでハンディマッサージャーを見てみると、売れ筋はなんと2000円もしないくらいの製品が並びます。無名といってよい、中国メーカー品が並ぶ最近のアマゾンの全体的な傾向どおり。アマゾンが台頭する以前は、リーズナブルを武器に国内他メーカーに競争力のあったテスコムは、本機でどう対抗できるでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました