コーヒーミルのおすすめ

 

豆を挽くときに使用するコーヒーミル(コーヒーグラインダー)。コーヒー好きな人ならば、妥協したくないアイテムなのではないでしょうか。豆の種類によっても最適な挽き加減があり、更には、飲む人が美味しいと感じる挽き加減もあるでしょう。

今回は、人気のおすすめコーヒーミルを比較、ご紹介。おいしいコーヒーを飲みたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

  1. コーヒーミルを選ぶ時のポイント
    1. ポイント1:挽き方の種類で選ぶ
    2. ポイント2:容量は多い方がいいとは限りません
    3. ポイント3:ちょっとオシャレに見せる収納
  2. 電動タイプのコーヒーミルおすすめ人気モデル
    1. カリタ(Kalita) 電動コーヒーミル ナイスカットG #61101
    2. カリタ(Kalita) 電動コーヒーミル ネクストG KCG-17
    3. カリタ(Kalita) 電動コーヒーミル CM-50
    4. メリタ(Melitta) 電動コーヒーミル パーフェクトタッチII CG-5B
    5. ラッセルホブス(Russell Hobbs) 電動コーヒーグラインダー 7660JP
    6. デロンギ(DeLonghi) コーン式コーヒーグラインダー KG364J
    7. ボンマック(BONMAC) 家庭用コーヒーグラインダー BM-250N
    8. ボダム(bodum) 電動式コーヒーグラインダー ビストロ 10903-01JP
    9. KYG 電動コーヒーミル 3503
    10. XProject 電動コーヒーミル KWG-100B
    11. キングトップ(KINGTOP) 電動式コーヒーグラインダー KH-001
    12. homgeek 電動コーヒーミル HGCM08
  3. 手動タイプのコーヒーミルおすすめ人気モデル
    1. カリタ(Kalita) 手挽きコーヒーミル KH-3
    2. カリタ(Kalita) 手挽きクラシックミル 42003
    3. カリタ(Kalita) 手挽きコーヒーミル KH-5
    4. カリタ(Kalita) 手挽きコーヒーミル セラミックスリム 42120
    5. カリタ(Kalita) 手挽きコーヒーミル ダイヤミルN 42138
    6. ハリオ(HARIO) 手挽きコーヒーミル MSCS-2B
    7. ハリオ(HARIO) キャニスター付き手挽きコーヒーミル CMHN-4
    8. プジョー(PEUGEOT) 手挽きコーヒーミル 19401765
    9. ポーレックス(Prolix) コーヒーミル セラミックミニ 34570007
    10. 貝印(KAI) コーヒーミル&コーヒードリッパー Kai House Select FP5152
    11. 京セラ(KYOCERA) セラミックコーヒーミル CM-50N-CF
    12. E-PRANCE 手挽きコーヒーミル 60110002-JP
    13. プレモ(PLEMO) 手挽きコーヒーミル HG014
  4. まとめ

コーヒーミルを選ぶ時のポイント

ポイント1:挽き方の種類で選ぶ

コーヒーミルには挽き方が数種類あります。まずは、手軽なプロペラ式(カッター式)。ボタンを押している間中、刃が回り続けます。ただ、粉の大小に差が出る挽きムラが生じやすいのが弱点。挽きムラが多いと、コーヒーの香りや旨味がじゅうぶん抽出できないばかりか、渋さやエグみのような雑味が出る原因になります。止めてから本体を振って、さらにボタンを押して、という作業をすることで、挽きムラは軽減できます。

次に、臼式。豆をすり潰して挽くタイプです。今回ご紹介しているコーヒーミルの中に、コーン式、コニカル式というものがありますが、これらは臼式の一種です。摩擦熱が少ない分、コーヒー本来の風味豊かな味わいを楽しめますが、プロペラ式に比べ高額になるのが欠点。

ずっとコーヒーを飲み続けているという方ならば、臼式の高性能のものを検討し、美味しさを追求するのも素敵ですが、今までインスタントや粉から淹れていた方ならば、プロペラ式から始めて、その美味しさに気づいた時に臼式に買い替えてもいいかもしれませんね。

ポイント2:容量は多い方がいいとは限りません

豆から淹れるコーヒーと、粉から淹れるものでは、その風味や香りに差が生じます。せっかく豆から淹れるのだから、その都度豆は挽きたいものですね。ということは、容量が大きいものを選ぶ必要はないのかもしれません。一人暮らしの方や、ご家族の中で飲むのは一人、という方ならば、容量が大きい方がいい、というわけではなさそうです。

ポイント3:ちょっとオシャレに見せる収納

コンパクトに収納できるものならば、隠すことも可能ですが、コーヒーミルによっては、隠せなかったり、そもそも、しまうことで出すのが面倒になったりすることがありますね。それならば、デザイン性を重視して見せる収納を前提に選んでみるのはいかがでしょう。

同じ臼式のもので、性能の差もあまりないようならば、お好みのデザインやカラー、キッチンとのバランスで考えてみるのもいいですね。

単に見た目の雰囲気やおしゃれ感を重視するなら手動式のコーヒーミルが有利。特に木を使った伝統的なデザインのものは収納するどころか、インテリアとしても使えるほど。

電動タイプのコーヒーミルおすすめ人気モデル

カリタ(Kalita) 電動コーヒーミル ナイスカットG #61101

喫茶店などで長く支持されてきた高性能ハイカットミルの小型化モデル「ナイスカットG」。特殊加工が施された刃は耐久性に優れ、切れ味も良好です。自分の好みに合わせて、極細挽きから粗挽きまで15段階から調節できます。

透明なホッパーやステンレス製の粉受けなど、レトロなデザインもポイント。ミルを掃除するために考案された、専用のクリーニングブラシが付属しているのも魅力です。

カリタ(Kalita) 電動コーヒーミル ネクストG KCG-17

次世代のコーヒーグラインダーとして誕生した「ネクストG」。プロの要求に応えるべく、コーヒー粉の飛散、本体や受け缶への付着を防ぐ静電気除去装置を搭載しています。

摩擦熱による風味の劣化を抑えるため、モーターの回転数を低減。優れた静音性も兼ね揃えています。自宅でもこだわりのコーヒーを楽しみたい方におすすめの高機能コーヒーミルです。

カリタ(Kalita) 電動コーヒーミル CM-50

手軽に使える電動タイプのコーヒーミルをお探しの方におすすめの製品。サイズが幅99×奥行82×高さ178mmとコンパクトで、重量は約750gと軽量なため持ち運びたい方にもぴったりです。

プロペラ式のカッターが50gのコーヒー豆をわずか15秒で中挽きに仕上げられるのも魅力。必要な分だけ手軽に挽けるので、忙しい朝などに重宝するおすすめの電動コーヒーミルです。

メリタ(Melitta) 電動コーヒーミル パーフェクトタッチII CG-5B

今まで手動で豆を挽いていた方におすすめの電動臼式ミルです。こちらのコーヒーミルは、杯数メモリで2杯~12杯分を簡単に設定でき、粗びきから細挽きまで4段階の挽き具合が選べます。さらに、エスプレッソ用の粉も挽くことが可能。その日の気分や飲む豆に合わせて挽き具合を変えて楽しめます。

安全装置機能を搭載したホッパーは約100gのコーヒー豆が入る大型タイプ。一度にまとまった量のコーヒー豆を挽きたい方にもおすすめのミルです。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) 電動コーヒーグラインダー 7660JP

手早く簡単に豆から淹れたコーヒーを楽しみたい方におすすめのコーヒーミルです。シルバーの高級感あふれるデザインが素敵。

コンパクトですが中挽きなら60gの豆を約10秒で挽くことができるハイパワーが魅力。個性的な形をしたブレードが挽きムラを少なくします。指先一つで操作するので、微妙な挽き加減をご自分の手で調整することができますよ。

スイッチを押すだけの簡単操作で、押している時間に合わせて粒度が変化。挽いた粉は取り外し可能なボウルに収まり、周囲にこぼれにくくフィルターへスムーズに移せます。

デロンギ(DeLonghi) コーン式コーヒーグラインダー KG364J

コーヒーの魅力である香りを逃さない低速回転コーン式のコーヒーミルです。コーン式とは、臼式の一種で刃が円錐形になっているものを指します。この低速回転とコーン式挽き刃の相乗効果で摩擦熱を最小限に抑えることで、風味豊かなコーヒーが味わえます。

また、4種の挽き具合と14段階の粒度を選べるのでこだわり派におすすめ。さらに、コーン式挽き刃は2枚構成になっているので、挽きムラが軽減。コーヒー本来の風味を楽しみたい方におすすめです。

最大110gのコーヒー粉に対応したコンテナを搭載しており、一度にたくさんのコーヒー豆を挽きたい方におすすめ。ホッパーが所定の位置にセッティングされていないと作動しない安全ロック機能のおかげで、安心してキッチンに置いておける点もポイントです。

 

 

ボンマック(BONMAC) 家庭用コーヒーグラインダー BM-250N

コストパフォーマンスに優れたコーヒーマシンをリリースしている「ボンマック」社のカット式電動コーヒーミル。レトロなレッドカラーで彩られた、重厚感のあるボディが魅力です。

粒度の揃い方や挽き目の調節は、家庭用とは思えないほどの性能。ただし、エスプレッソ用の極細挽きは目詰まりの原因となるので注意しましょう。

ボダム(bodum) 電動式コーヒーグラインダー ビストロ 10903-01JP

紅茶やコーヒーを淹れる時に使うフレンチプレスで有名なボダム。北欧デンマーク生まれのキッチンウェアブランドです。これまでのコーヒーミルの製造数は実に約1億個に上ります。そして、こちらのコーヒーミルでもフレンチプレス用の粗びき豆を挽くことができますよ。

使用しているコニカル刃は、摩擦熱が少なく、低速回転で豆を均一に挽くことができる、コーヒー豆を挽くのに適した刃です。挽き目のバラつきは少なく、極細挽きから粗挽きまでしっかり対応。
粉を受ける容器はガラス製なので、静電気が起こりにくく粉が周囲に飛び散りにくいのもポイントです。。キッチンに映えるスタイリッシュなデザインが魅力で、レッド・ライムグリーン・カッパーなどユニークなカラーバリエーションが揃っています。

KYG 電動コーヒーミル 3503

気軽に持ち運びやすいコンパクトサイズの電動コーヒーミルです。スイッチを押すだけの簡単操作なので、入門機としておすすめ。コーヒー豆はもちろん、お茶の葉やスパイス、穀物などにも対応しています。

グラインディングボウルには丈夫で衛生的なステンレス素材を採用。カバーは透明で、挽き具合を一目でチェックできます。リーズナブルな電動コーヒーミルを探している方にぴったりの1台です。

XProject 電動コーヒーミル KWG-100B

円柱型のステンレスボディがおしゃれな電動コーヒーミル。杯数目盛ダイヤルと粗さダイヤルを調節してから、スイッチを押すだけという簡単操作が魅力です。

底面には滑り止めのゴムベースを採用。ホッパーが完全に閉まっていないと作動しない安全設計で、コーヒーミルの温度が高すぎる場合は自動的に電源が切断される加熱保護機能を搭載しています。

キングトップ(KINGTOP) 電動式コーヒーグラインダー KH-001

コンパクトボディながらも、200Wのハイパワーモーターを搭載した電動コーヒーミル。スイッチを押している時間を加減することで、好みの粒度を楽しめます。

挽き刃やグラインディングボウルには、耐食性に優れたステンレス製素材を採用。日本食品環境検査協会による食品器具規格試験に合格しているので、安心して使用できます。

homgeek 電動コーヒーミル HGCM08

ワンタッチでコーヒー豆が挽ける電動タイプのコーヒーミルです。杯数と粗さを調節するダイヤルを搭載しているので、好みのコーヒー粉をつくれます。朝の限られた時間でラクにコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

ステンレス素材を採用したホッパーは錆びに強いためお手入れもラクラク。電源コードを本体の底部分に収納できるため、キッチンにスッキリと置いておけるのも魅力です。

手動タイプのコーヒーミルおすすめ人気モデル

カリタ(Kalita) 手挽きコーヒーミル KH-3

カリタの人気シリーズ「KH-3」は、暖かみのある木製ボディがインテリアとしても映える手挽きコーヒーミルです。投入口の広いオープン式なので、コーヒー豆のセッティングが簡単。刃には切れ味の鋭い「鋳鉄製臼歯」を採用しています。

粗挽きから細挽きまでのさまざまな挽き目に対応できるのもポイント。コンパクト設計なのでキッチンに置いたままでも邪魔になりにくい点でもおすすめのコーヒーミルです。

カリタ(Kalita) 手挽きクラシックミル 42003

鋳鉄製のホッパーと木箱を組み合わせた、クラシカルなデザインが魅力の手挽きコーヒーミル。キッチンに置きっ放しにするだけでもおしゃれです。

ホッパーは蓋付きで、挽いている際の豆の飛散を防止。粉受けの引き出しを開ければ、切れ味のよい臼歯が砕いたコーヒー豆の豊かな香りが部屋中に広がります。硬質鋳鉄製臼歯を採用しているので、切れ味が長持ちするのも魅力です。

また、メッシュ部分を調節することで、細挽きにしたり粗挽きにしたりもできるのもポイント。コーヒーが好きな方へのプレゼントとしてもおすすめのモデルです。

カリタ(Kalita) 手挽きコーヒーミル KH-5

アンティークテイストなデザインが魅力の手挽きコーヒーミルです。下部が円柱型で持ちやすく、スムーズにハンドルを回せます。豆が飛び散りにくい蓋付きのホッパーは、保管時のホコリよけとしても活躍します。

粉受けは、挽いたコーヒー豆をフィルターに移しやすいセパレートタイプ。簡単に掃除できるのもポイントです。

カリタ(Kalita) 手挽きコーヒーミル セラミックスリム 42120

ハンドルを折りたたんで粉受けの中に収納できる、持ち運びのしやすいスリムボディの手挽きコーヒーミル。アウトドアなどでコーヒーを楽しみたい方におすすめのモデルです。

コーヒーの風味を損いにくいセラミック製カッターを搭載。細挽き・中挽き・粗挽きといった粒度は、内部のダイヤルで簡単に調節できます。

カリタ(Kalita) 手挽きコーヒーミル ダイヤミルN 42138

大ぶりのハンドルが目を引く手挽きコーヒーミル。まるで骨董品のような雰囲気で、キッチンに置いておくだけでも様になります。これで実用性があるのですからお得です。

ハンドルの逆側に配されたナットを回せば、コーヒー豆の仕上がりを簡単に調節可能。丈夫な硬質鋳鉄製臼歯を採用しているため、切れ味も持続します。アンティーク調の道具が好きな方にもおすすめです。

ハリオ(HARIO) 手挽きコーヒーミル MSCS-2B

金属臭がなく、摩耗しにくいセラミック臼を搭載したコーヒーミル。丸洗いに対応しているので、清潔に使えるモデルを探している方にもおすすめです。

底面の滑り止めカバーが安定した豆挽きをサポート。付属の蓋を用いれば粉受けが保存容器になり、100gのコーヒー粉を保存できます。実用本位の見た目はモノとしての魅力を求める方には物足りないかもしれませんが、クオリティーのみ重視というなら大いにおすすめです。

ハリオ(HARIO) キャニスター付き手挽きコーヒーミル CMHN-4

鉄と天然木という異素材の組み合わせがラグジュアリーな雰囲気を漂わせる手挽きコーヒーミル。コーヒー粉へのダメージを防ぐため、摩擦熱が発生しにくいセラミック製の臼を採用しています。

粉受けは挽いたコーヒー豆を密閉保存できるキャニスター構造。一度にまとまった量を挽きたい方におすすめのコーヒーミルです。

プジョー(PEUGEOT) 手挽きコーヒーミル 19401765

1840年からコーヒーミルを生産し続けているフランスのメーカー「プジョー」の手挽きコーヒーミル。重厚なブナ材の質感がラグジュアリーな雰囲気を演出しています。

精度の高い2枚刃がコーヒー豆を均一に粉砕。鋭い切れ味で豊かな香りを引き立てます。コーヒー好きの方へのプレゼントとしてもおすすめの製品です。

ポーレックス(Prolix) コーヒーミル セラミックミニ 34570007

精巧なセラミック製品を日本国内の自社工場で生産する「ポーレックス」の日本製コーヒーミルです。刃には金属臭でコーヒーの風味を損うことがないセラミック素材を採用。好みの粗さが楽しめるように、粒度調整機能を搭載しています。

ハンドルはホルダーに差し込んでコンパクトに収納できるため、自宅だけでなくキャンプなどのアウトドアの際にもおすすめのアイテムです。

貝印(KAI) コーヒーミル&コーヒードリッパー Kai House Select FP5152

手動タイプのコーヒーミルとドリッパーが一体構造となった「FP5152」。粉受けをカップにセッティングすればそのままドリップすることが可能。挽いたコーヒー粉を移し替える手間が省けます。

貝印の新技術「FIXグラインド機構」によって臼がブレにくく、雑味の元となる微粉を軽減。1〜2人用の小さめなコーヒーミルを探している方におすすめのアイテムです。

京セラ(KYOCERA) セラミックコーヒーミル CM-50N-CF

顧客のニーズに合わせたキッチンアイテムをリリースする「京セラ」の手挽きコーヒーミル。ホッパーの蓋が開くので、ハンドルを外すことなく簡単にコーヒー豆を入れられます。底部はシリコーンゴム製で滑りにくくしているため、安定性が良好です。

粗さ調節つまみで粒度の仕上がりを自分好みにできます。パーツごとの分解洗浄に対応しており、清潔に使いたい方にもおすすめです。

E-PRANCE 手挽きコーヒーミル 60110002-JP

3人分までのコーヒーを用意できる手動コーヒーミルです。高級感の漂うステンレス製のボディは錆びに強いので、長い期間愛用できます。コンパクトな仕様のため持ち運びにも便利。下部に付いているダイヤルで簡単に粗挽きと細挽きの粒度を調節することが可能です。喫茶店で用いられる業務用としての実績もある確かな逸品。コーヒーミルの内刃・外刃はセラミックグ素材なので、コーヒー豆と有毒プラスチック接触を効果的に防止できるのも見逃せないポイントです。

プレモ(PLEMO) 手挽きコーヒーミル HG014

ステンレス製のボディがスタイリッシュな手動タイプのコーヒーミル。折りたたみ式のハンドルを採用したコンパクト設計で、小さなスペースに収納できるのはもちろん、持ち運びにも便利です。

セラミック刃がコーヒー本来の香りを損うことなく豆を粉砕できます。粒度は粗挽きから細挽きまで、好みに合わせて調節が可能。リーズナブルな価格なので、お試し用の安いコーヒーミルを探している方にもおすすめです。シンプルな構造で壊れにくく、洗いやすい点も長く使えるという観点からは見逃せません。

まとめ

目覚めのコーヒーや、仕事の合間に飲むコーヒー。中には1日に何杯も飲んでしまうほどのコーヒー好きの方もいらっしゃるでしょう。コーヒーミルを使って、最も美味しいと感じることができる挽き加減を見つけて、至福の時間を過ごしてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました